山林保有者は知っておきたい山林売買におけるポイント

山林保有者は知っておきたい山林売買におけるポイント

山林保有者は知っておきたい山林売買におけるポイント

山林売買におけるポイント

山林は、利用価値が低い土地であるため、なかなか買手が現れません。そのため、価格はとても低いです。価格が低いことに伴い、不動産会社もあまり熱心に取り組まない傾向があります。売るためには、不動産会社の協力を仰ぐのが適切ですが、たとえ不動遺産会社に依頼をしたとしても、すぐには売れないというのが特徴です。山林の売却を不動産会社に依頼すれば、「仲介手数料のようなもの」は発生します。「ようなもの」というのは、正確に言うと、法律で定められた仲介手数料ではないためです。仲介手数料とは、宅地建物取引業法によってその上限額が規定されています。


地方の田舎の不動産として、たくさんの山林があります

地方の田舎の不動産として、たくさんの山林があります。そういった不動産の所有において、親が亡くなって初めて相続の対象となる山林の土地があることを知るというケースも少なくありません。前もって相続する山林の存在を知っていても、相続の際に山林だけ相続放棄するという事は出来ないため、やむを得ず相続するという人も多いでしょう。それでもせっかく相続する不動産ですから有効に活用したいものですが、山林の活用方法にはどういったものがあるのでしょうか。

山林の活用方法を検討すればたくさん出てきます。

 

 

山林の売却は難しいのかどうか?

山林や原野などの不動産は、流動性の低い資産で、売買が成立するまでには早くても数ヶ月の時間を要します。生活や事業を行うには不便な田舎などに多く、傾斜地や放置林は開発や造成に費用がかさむにも関わらず、用途が非常に限られることから、買い手が見つからないまま何十年も経ってしまったりすることもあります。

また売れたとしても、全般的にかなり割安な価格で取引されてしまう傾向にあります。 購入を打診してくる人には、地元や近隣の林業事業者や田舎暮らしを検討している人、別荘地を探している個人、さらには自然豊かなリゾートや高齢者向けの住宅を検討している人などが考えられます。 自然エネルギーを生かした発電事業などの林業以外の事業用途での開発・活用を見込んでいる事業者も考えられます。

購入希望者が現れたら、積極的に売却を進めましょう。具体的な有効活用策を施すことにより、それまで塩漬けになっていた遊休地が再生され、地方の活性化にも繋がります。 またこの時に留意したいのが、一般的な山林はそこに生育している樹木(立木)も取引の対象となり、樹種・樹齢・林道距離など立木の状態で価値が変動することです。長年、枝打ちや間伐などの手入れが行き届いたスギやヒノキなど、建材として利用出来る立木であれば収入源にもなり得ますが、ほとんどの建材が北欧からの輸入木材に変わってからは需要が激減しています。 伐採や抜根などの造成工事を行って山林を活用したい場合には、立木は大きな足かせになってしまいます。

お金をかけて管理を続けたとしても、立木がどれほどの価値を生むか不透明な昨今、立木から収入を得ることに過度な期待は禁物だといえます。

山林売買でお悩みの際には山林バンク

そこで山林売買サイト「山林バンク」がおすすめです。手軽に山林売買の相談ができるだけでなく、大手有力不動産会社だけでなく地元に強い不動産会社との取引もあります。そのため所有の不動産が地方にある場合でも、安心して任せて山林売買をサポートしてくれるのではないでしょうか。

山林売買の山林バンク