山林保有者は知っておきたい山林売買におけるポイント

山林保有者は知っておきたい山林売買におけるポイント

山林保有者は知っておきたい山林売買におけるポイント

境界確定とは

 

残債をなくすことが大事

日本貸お客様が所有されている山に関してあらゆる資料を集め、必要であれば現地の調査や隣の所有者へのヒアリングを行い、境界線を確定することで山の価値を守ります。

山林の境界線は尾根や谷に沿って定められていますが、公図を見ても不明瞭な場合が多く、場所によっては石や立木が目印というところもあり、境界を決めた当事者が亡くなると状況がわからなくなります。

そのため、代を経ることに境界があいまいになり、売却時や相続時によく問題が発生します。

また、所有者の高齢化や地形変化に伴い、正確な山林の土地所有者や境界線が不明瞭になりつつあります。後世に続く森林財産保全のため、境界線の明確化を進める必要があります。

山林売買でお悩みの際には山林バンク

そこで山林売買サイト「山林バンク」がおすすめです。手軽に山林売買の相談ができるだけでなく、大手有力不動産会社だけでなく地元に強い不動産会社との取引もあります。そのため所有の不動産が地方にある場合でも、安心して任せて山林売買をサポートしてくれるのではないでしょうか。

山林売買の山林バンク