山林保有者は知っておきたい山林売買におけるポイント

山林保有者は知っておきたい山林売買におけるポイント

山林保有者は知っておきたい山林売買におけるポイント

登録免許税

山林所得と譲渡所得以外に課税されるとすれば、売買契約書に貼り付ける収入印紙による印紙税と、登記の際に発生する登録免許税が考えられます。

山林でも売買契約書を取り交わすのは普通ですから、印紙税も納付するはずです。
しかし、山林は売却金額が安く、5,000万円以下の売買でも10,000円以下、500万円以下の売買なら1,000円以下と安価なので気にするほどではありません。
※ただし、軽減措置(平成32年3月31日まで)を適用できなければ約2倍

また、登録免許税は買主負担になることが多く、仮に売主が負担することになるとしても、山林の価額(固定資産評価額)の2%(平成27年3月31日までは1.5%)です。
広大で取引価格が大きい山林の場合や、固定資産評価額よりもはるかに安い金額での売買でなければ、大きな負担ではないでしょう。

なお、売買で仲介手数料を支払っていれば、仲介手数料には消費税の負担があります。

山林売買でお悩みの際には山林バンク

そこで山林売買サイト「山林バンク」がおすすめです。手軽に山林売買の相談ができるだけでなく、大手有力不動産会社だけでなく地元に強い不動産会社との取引もあります。そのため所有の不動産が地方にある場合でも、安心して任せて山林売買をサポートしてくれるのではないでしょうか。

山林売買の山林バンク