山林保有者は知っておきたい山林売買におけるポイント

山林保有者は知っておきたい山林売買におけるポイント

山林保有者は知っておきたい山林売買におけるポイント

印紙税に関して

山林売却時には、売買契約書に貼付する印紙代も発生します。印紙税は書面を課税対象とする国税で、売買契約書に印紙を貼付することで納税を行います。印紙代は売買金額によって異なりますので、事前に調べておくことが必要です。

さらに土地売却に伴う所有権移転登記を行う場合は、登録免許税の負担も生じます。将来的にトラブルが発生しないように、登記変更を行うことは重要です。登録免許税の課税対象となる金額は、原則として固定資産税評価額とされています。

さらに売却後に面積を測り、実測面積が登記上の公簿面積と相違がある分を精算する契約の場合は、実測後に追加の資金負担が発生する可能性があります。追加支払いに対応できるように余裕を持った資金計画を立てておきましょう。

山林を売却する場合は、まず山林の状況を把握することが大切です。そのあとは、売却方法を選択しましょう。

丸ごと売却するか、樹木と土地を分けて売却するかによって売却価格が変わってきます。また、税負担や売却にかかる費用なども事前に試算して、売却予定価格を想定しながら資金計画をしっかり立てることも大切です。

売却にあたっては地元の不動産会社や市町村役場、山林組合などに相談しておくと売却しやすくなります。

山林売買でお悩みの際には山林バンク

そこで山林売買サイト「山林バンク」がおすすめです。手軽に山林売買の相談ができるだけでなく、大手有力不動産会社だけでなく地元に強い不動産会社との取引もあります。そのため所有の不動産が地方にある場合でも、安心して任せて山林売買をサポートしてくれるのではないでしょうか。

山林売買の山林バンク