不動産担保ローンについて学ぶ

不動産担保ローンについて学ぶ

不動産担保ローンについて学ぶ

不動産担保ローンについて学びを得ましょう!

マイホームをほしいと思ったことはありますか?温かい家庭の象徴ともいえるマイホームを購入するには銀行などのローンを組む必要があることはご存知ですよね。

「マイホームってお金がかかりますよね??」当然至極当たり前のことですが、マイホームを購入しようと住宅展示場やショールームに行った人が驚かれる費用の1つに物件購入価格以外の費用があります。

その名前が「諸費用」というものでこの諸費用の存在を忘れてはいけません。
ほとんどの人は、物件価格や工事費用以外にどれだけお金がかかかについてはざっくりとした費用以外の費用について明確に把握されていないケースが多いんです。その結果、マイホームを購入したいという希望が存在していたとしても、実際にそのマンションを買うための費用をの一切合切を全て考えながら、資金計画をシミュレーションしてもらうとびっくりされます。

不動産担保ローンとマイホーム

管理人は物件を見に行く場合には必ず電車+徒歩で行きます。直接、車で行ってしまうと、駅からの距離や近隣地域の環境がよく分からないからです。しかし、駅から2キロ以上ある場合にはタイムズのカーシェアをよく利用します。タイムズのカーシェアはガソリン代込みで15分208円とお得で、利用した時間のみ課金されるものです。さらに、給油すると200円引きになります。予約も簡単でスマホやPCから可能ですので、電車で移動中に到着時間を調べて、スマホで予約しスムーズな移動手段を確保しております。また、首都圏のJRの駅にはほとんど配置されておりますので利便性は高いです。 会社で社用車を購入すると考えると、車両価格、駐車場、自動車税、ガソリン代、保険料等の費用が発生し、利用状況を勘案してもカーシェアやレンタカー、タクシーを利用する方が断然お得です。個人でも都内在住の方は維持費を考えてカーシェアを利用される方が増加しているようで、業界大手のパーク24(タイムズ)ではカーシェア事業が好調で車を25%増やす事を発表されており全国で2万台となるようです。 時々、ガソリンが底をついていて直ちに給油する必要があるケースも稀にありますが、いつも大変重宝しております。仕事以外でも観光先や墓参り、その後にお酒を飲む場合等は積極的にカーシェアを利用しております。車は所有からシェア・レンタルで充分と考えている今日この頃です。

大規模なビルを所有しているオーナーに対し「固定資産税の見直しを市区町村と交渉します」という会社もありましたが、今回は旅館の集客が大幅に落ち込んでいる為、需要に基づく判断だそうで、前例がない画期的な判決です。その為、敗訴した地方自治体はすぐに控訴するとの事でした。 都心ならまだしも、地方で建設時に多額の資金を投入した箱もの(旅館、ホテル、保養所、パチンコ店舗等)は保有しているだけで固定資産税の負担が重く、十分な利益を上げることが出来ず、さらに解体費用も多額となり売買の足かせになっております。確かに、鉄筋やコンクリートは多量に使っていると思われますが、需要が乏しい施設や廃墟になっている建物に対しては、行政の配慮が望まれるところです。 固定資産は会計や税務上で減価償却が可能ですが、固定資産評価額の見直しが3年に1度ありますが、建物がほとんど減価されず、市場価格や会計上の簿価と大きくかい離していると思われます。地方地自体の税収の関係もありますが、見直がなされる方向に期待したいところです。

マイホーム購入時にかかってくるいわゆる諸費用は、大きく分けて「購入時」と「購入後」の諸費用に分けて考えることができます。
具体的に見ていきましょう。 まずは購入時の諸費用を見てみましょう。
マイホームの 購入時の諸費用は「ローン保証料」「事務手数料」「団信保険料」があります。
これらというものは一定の金額が全て決まっているわけではなくて、いろんな金融期間や 銀行などによって異なり、コスト削減できる可能性の高い費用の項目といえるでしょう。

団信保険料については、ほとんどの銀行で保険料込みの住宅ローンになっていますが、「フラット35」で借りた場合、団信保険料を別途支払う必要があるという場合もあります。

どちらにしろ ローンを組む際には返済計画を綿密に立ててから考えるべきでしょう。その際には不動産担保ローンなど土地・建物などの不動産を利用するローンもありますので、詳しくはh専門家に聞いて相談しながら考えていくのがいいでしょう。